石川県(金沢市・白山市・野々市市) インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

TEL 076-274-5432

インプラント治療

インプラント治療は口腔外科専門医、
インプラント専門医である院長が治療にあたります。

当院のインプラント治療

当院では
公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門医
公益社団法人 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門衛生士
が在籍しており、より専門的な治療・メンテナンスを提供できるように努めています。

認定証

 

認定証

日本口腔外科学会専門医

 

日本口腔インプラント学会専門医


公益社団法人 日本口腔外科学会
      『石川県の専門医』

公益社団法人 日本口腔インプラント学会
      『専門医・指導医』


 外科、インプラントの両方の専門医を所有している歯科医師は北陸でも3名しかいません。
 インプラント治療は基本的には外科的手術治療になり、口腔外科の手術手技が必要となります。またインプラント治療は診断から治療、メンテナンスにおいてインプラントにおける特殊な技術、知識が要求されます。つまり外科的な知識、技術、インプラントの知識、技術が要求されることになります。当院ではダブルライセンスを取得しており外科的専門医の技術を生かした、安心、安全なインプラント治療に努めています。

 インプラントが最善の治療とは限りません。非常にリスクを伴う場合もあります。専門医としての見解から安全な治療で最適な治療方法を説明させていただきます。


公益社団法人 日本口腔外科学会
公益社団法人日本口腔インプラント学会


インプラント治療はどこで受けたらいいの? 専門医がお答えします



インプラント治療とは

インプラント

失ってしまった歯の替わりにチタン性の人工の歯根を用いて歯を再建する治療法です。義歯と違って取り外しの必要がなく、しっかり咬めるようになります。またブリッジ治療とは違い周囲の歯牙を削合する必要がなく、周囲の歯の負担軽減にもなります。
前歯のような審美的要求度が高い部位でも様々な技術で審美的なインプラント治療が可能です。



インプラント治療に必要な条件

インプラント治療を行うには十分な骨と軟組織が必要です。ただし、すべての人が十分な条件を満たしているわけではありません。それを補うために骨の造成治療があります。自分の骨を使用したり人工骨を使用したりして骨の増大を行いインプラント治療を行うのです。
機能的、審美的な状態を良くするために軟組織の移植が必要な場合もあります。
全身的な疾患などで創傷治癒に問題がある場合や局所的に条件が悪い場合にはインプラント治療が適さない場合もあります。



インプラント治療に必要なこと

インプラント治療は歯肉を切開してアゴの骨にチタン性のスクリューを埋入する手術治療の一つです。骨移植や軟組織の移植を伴う場合もあり特別な手術技術が必要となります。安全、安心な治療を行うには十分な解剖学的知識外科手術の経験が必要なのです。
またインプラント治療は歯の欠損治療の一つの方法であって、歯周病治療、咬合治療、顎関節治療、根管治療など総合的に口腔内を治療していかなければお口の健康は保てません。つまりインプラント治療にはお口の中をトータルに見て行く総合的な力が必要です。



手術に大切なこと

手術にはどこにどんな神経、血管が走っているかなど解剖学の熟知が非常に重要です。頭で覚え、目で見て、手術を経験して身についていきます。この知識、経験が安全な治療に結びつき、ひいては万が一の偶発症の時も適切な対処へとつながるからです。



インプラント治療に必要な環境

手術器具

インプラント治療は手術治療の一つです。つまり手術ができる清潔な環境が必要です。周囲と閉鎖できる手術室があること。器具をたくさん置いたり、術者、介助者以外の外回りの人間が術野に近ずかづに動ける広さがあること。手術は清潔な環境で行わなければならないので、清潔区域、不潔区域の区別がはっきりされていることが重要で、またスタッフ全員がそれを理解していることが大切です。一般の外科手術では当たり前のことです。

インプラント手術の様子

当院では周囲と隔離できる手術室でインプラント治療を行っております。また術者、介助者すべてがディスポーサブルの滅菌術衣を着て、器具を置く台や患者様へ掛けるデッキもすべてディスポーサブルの滅菌デッキを使用しております。清潔、不潔領域の区別を十分に行っております。顔面の消毒、口腔内の消毒から器具の消毒まですべて病院口腔外科手術に準じた環境で行っております。






最新のインプラント治療

インプラント手術の失敗の原因のトップはインプラントの埋入位置の誤りです。


つまりインプラントがその上に被せる補綴物の適正な位置にない顎骨の形態や解剖学的において適正な位置にドリリングされていないためにおこる合併症。
(多くは神経麻痺や上顎洞への穿孔、血管損傷による死亡事故も起きました)。

これらの失敗は短期的、長期的にインプラントの予後に大きく影響を与えます。



インプラント治療を安全に正確に行うために。

  1. CT検査は必須です。3次元的に顎骨の形態を精査します
  2. 模型上で最終的な咬合の形(咬む形態)を設定して、これをCTデータと総合してインプラント埋入位置を決定します。3次元的シュミレーション
  3. 手術計画に沿った正確な治療を行う
  4. 全身疾患の把握(手術において留意すべき事項を把握します)

現在これを遂行するための最新治療法としてコンピューターガイドサージェリーがあります。



ガイドサージェリーの手順

  1. 問診(全身疾患や治療上問題となる事項の把握)
  2. パノラマX線写真、口腔内所見、模型での所見の精査
    (治療における問題点の把握)


    最終的にどのように咬合を回復するかを模型上で再現します。
    つまり理想的な最終ゴールを設定して治療計画をたてていきます
    (トップダウントリートメント)


     

  3. テンプレート

    シュミレーションを行うために、CT画像と歯の模型を合成するためのCT撮影用テンプレートを作製します。
    テンプレートを口腔内に装着してCTを撮影し模型とCT画像を合成します(これは専門の会社にて行います)

  4. シュミレーション

    専用に構築された画像からインプラントの埋入位置のシュミレーションを行います。
    最終的に理想となる咬合を構築するために必要なインプラントポジションをシュミレーションします。その時に骨造成の必要の有無。その他解剖学的に問題がないかを十分精査します。(骨の質の問題、神経管との距離、骨の幅、歯肉の状態なども)
    術前に3次元の画像上で十分検討することにより、より安全で予後の良い治療を行うことが可能となります。


     

       
  5. 治療説明

    シュミレーション画像において治療の詳細な内容について説明します。
    立体画像なので容易に治療内容を理解していただけます。

  6. サージカルガイド作成

    シュミレーションで得られたデーターに従ってインプラントが正確に埋入できるように専用のサージカルガイドを作製します。
    このサージカルガイドはドリルを3次元的に誘導しますので、方向や埋入の深さまでシュミレーションどうりにインプラントの埋入を行うことが可能となります。専用のガイドドリルを使用します。


     

       
  7. 手術
    サージカルガイドを用いてシュミレーション通りにインプラント埋入手術を行います。


メンテナンスについて

インプラント治療には専門的な知識と外科的な技術が必要となります。
インプラントを長持ちさせるためにはメンテナンスが必要です。
(歯とは構造が違いますので、専門的な知識が必要となります)


当院では

公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門医
公益社団法人 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門衛生士

が在籍しております。より専門的な治療が提供できるように努めております。



インプラント治療の付加手術について

骨や軟組織の状態が良くインプラント埋入手術のみで済む場合には必要ありませんが、状態が良くない場合には骨や軟組織の移植が必要になります。概ね以下の種類があります。

  1. 骨造成(GBR)
    自家骨および人工骨と特殊な膜を用いて骨の幅を作ります。
  2. サイナスリフト
    上顎骨が薄い場合に、上顎洞に自家骨と人工骨を移植して骨を作ります。
  3. ソケットリフト
    上顎骨が軽度に薄い場合に、インプラント形成窩から簡単な骨移植を行います。
  4. ベニアグラフト
    非常に骨幅が薄い場合には、自家骨を採取し、薄い部分にベニア状に貼付けて骨の幅を作ります。下顎骨の後方部より骨を採取します。
  5. リッジエキスパンジョン
    薄い骨を割って幅を広げてインプラントを埋入します。
    自家骨と人工骨の移植も必要です。


付加手術に必要なこと

付加手術には特別な外科的な手術技術が必要となります。骨を採取したり、骨を割ったり、上顎洞を開けたりと一般歯科診療では行わない技術が必要となります。顎顔面領域のあらゆる場所の手術を行ってきた口腔外科専門医の技術が生かされます。


◆ サイナスリフト

上顎洞という上顎骨と眼窩の間にある空洞に骨や人工骨を移植し、骨造成を行ってインプラント治療を行うものです。上顎洞は通常の歯科診療では接する部位ではなく、特別な知識と経験が必要です。
これまでに上顎洞炎、術後性上顎嚢包、上顎骨骨折、上顎腫瘍などの手術で上顎洞手術を数多く行ってきました。これらの技術、経験が治療に生かされます。


◆ 骨造成やベニアグラフト

骨幅の薄い部分に自家骨を採取して移植し、インプラント治療が出来るように骨幅をつくります。現在はほとんどが下顎枝という、下アゴの後方から骨を採取します。これまでに下顎骨骨折、下顎歯肉がん、下顎骨骨髄炎、顎変形症、顎骨嚢包などで数多くの下顎骨の手術を行ってきました。これらの技術、経験が治療に生かされます。



インプラント治療を希望される方へ

インプラント治療は最終の冠が装着されてからが大切です。少しでも長く持たせるために、定期的なクリーニングかみ合わせなどのチェックが必要です。入ったらおしまいではありません。つまり一生のおつきあいになります。ゆえに歯や歯周病の治療などお口の中すべてをトータルに診ていってくれるクリニックでのインプラント治療をお勧めします。インプラント治療はお口の中の治療法の一つにすぎないからです。だから我々は総合力を培うために日々努力を行っているのです。
全身状態や疾患などで創傷治癒(傷の治り)に問題のある場合や顎骨の状態によってはインプラント治療が適さない場合もあります。またインプラント意外の治療が適切な場合もあります。
それぞれに合った治療方法を御提供させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

pagetop

石川県(金沢市・白山市・野々市市)
インプラント矯正歯科、小児機能矯正小児歯科口腔外科顎関節症予防歯科審美歯科

なりのぼう歯科口腔外科クリニック

〒924-0039 石川県白山市北安田西1丁目19 TEL 076-274-5432

Copyright(c) 2007 NARINOBOU oral surgery & dental clinic. All rights reserved.